洞窟の茶園 茶喜然2 ~神秘的な洞窟カフェでひと休み~

「洞窟の茶園 茶喜然1」の続きです。

緑茶ビビンバを堪能した後は、メインの洞窟カフェへ☆

写真

写真途中にはジップラインをしてる人たちも。

レストランから1分くらい歩くと、すぐ洞窟カフェに着きました。

写真

写真

ちょっと入ると、もう空気がヒンヤリ。

写真

狭い道を抜けると、
目の前に広がる洞窟カフェ。

写真

写真

写真

写真

 

チケット売り場で購入した洞窟カフェ飲料券5,000がここで利用できます。

不足分は、洞窟カフェ内で支払えばOK。

(接客はクソだったけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちが注文したのは、

写真4月新茶 ₩7,000
緑茶アフォガート ₩8,000

コネストで、飲み物が紙コップだったとの口コミがありましたが、ちゃんとしたマグカップで出てきました。

写真

抹茶アイスとは、違う緑茶アイスのアフォガート。
甘みだけなじゃく、苦味も残ってて、大人の味、美味し

4月新茶は、お茶が薄い~(><)
新茶だからそんなものなのかな?

ただ、お茶の出がらしをそのまま食べたら、お茶っ葉が柔らかくて、少し苦くて、ビビンバに乗っかってたものみたいで美味しかった

 

この後、団体が来てあっと言う間に満席に。
オフシーズンでも人気のあるスポットでした。