佳甫亭 2号館(八達区・焼肉)

カボジョンは、スウォンに行ったことのある人なら、みんな知ってる有名店ですよね。

スウォン名物、牛肉のカルビ焼肉が食べれる代表的なお店です。


佳甫亭 2号館/カボジョン 2クァン(가보정 2관)

所在地 : 京畿道 水原市 八達区 仁渓洞 958-1

.       경기도 수원시 팔달구 인계동 958-1
.       キョンギド スウォン市 パルタル区 インゲドン
アクセス : 水原駅(수원역)からタクシー
.       ホテルキャッスルから徒歩可能
メニューの日本語表記 : 有り
スタッフの日本語   : ?
オフィシャルHP   : http://www.kabojong.co.kr/main.php写真
ソウルナビ紹介HP : http://www.seoulnavi.com/food/639/
コネスト紹介HP   : http://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=3907
TEL :     031-232-3883

私の友人がランチ定食を食べに行ったと聞いたから、ランチを楽しみにしてたんですが、14:30に到着したせいなのか、ランチメニューがもうありませんでした。
だから仕方なくディナーメニューを注文

写真
スウォンカルビ

3人で行ったので、アメリカ産ヤンニョムカルビ 2人前 と、韓国産ヤンニョムカルビ 1人前 を注文しました。

写真は、アメリカ産ヤンニョムカルビ 1人前分。

焼くのはスタッフがやってくれます。手出しすると、戻されます

写真
左: 水キムチ
去年までは、赤カブなんてなかったのに。

右: 焼肉のたれ(レタスとわさびソース)
わさびが効いてて、結構からい!

韓国だから、もちろん無料です。無料と言っても、お肉の値段にふくまれているんですが。
そして、

写真

左: 生のさつまいも
去年はこんなふうに和えていませんでした。韓国ってさつまいもを生で食べる文化があるんです。

中央: ヤンニョムケジャン

右上: ホンオフェ(홍어회)
えいのアンモニア発酵食品。
去年までは食べれませんでしたが、今年はアンモニア臭がなく一口食べれました。
右下: レンコンのゆず茶煮
これも去年まではなかった気が。。。季節によって違うんでしょうか。
ゆずのフルーティさと、ゆず茶の甘さが、デザートみたいで美味しいです。写真

↑ヤンニョムケジャンの拡大したところ。
美味しそ~。毎回来る度に、おかわりしています。

写真
スジョングァ – Wikipedia

右手前; テンジャンチゲ
いつも注文してますが、今回はこんなに大きな骨が入っていました。
お肉の塊もあってちょっと得した気分。

焼肉の後は必ず「食事」をするものらしく、カボジョンでは、「テンジャンチゲ&ご飯」「冷麺」「ビビン麺」が選べます。もちろん有料。

写真

義父が小食なので、食べきれなかったお肉はテイクアウトしてもらいました。
臭いが出なくて良いですね。

今まで、
1回目: 新館の個室テーブル席
2回目: 新館の窓きわの普通のテーブル席
3回目: 新館の普通の座敷席 (最初、予約無で本館に行ったら満席だった為、新館へ移動)
4回目: 本館の個室座敷席) (最初、予約無で3号館に行ったら休憩タイムだった為、本館へ移動)
と、いろいろな席に座ってきましたが、おすすめは本館の個室(座敷席)。オンドルなんですよ。そして、個室利用料が無ので、韓国語が可能なら、絶対個室がお奨めです

↓今回の個室の様子
写真

写真

気になるお会計は。。。

アメリカ産ヤンニョムカルビ 34,000ウォン × 2人前
韓国産ヤンニョムカルビ   42,000ウォン × 1人前
cass瓶ビール    4,000ウォン × 1本
ご飯          1,000ウォン × 1人前
テンジャンチゲ     3,000ウォン × 1人前
水冷麺         7,000ウォン × 2人前

別途サービス料なし
(但し、義父がチップ10,000ウォンをあげてた)

合計132,000ウォン (約14,300円)

カボジョンは一応、高級焼肉店
高級焼肉の割には安いですよね。

↓店内写真
写真

写真

いつもカボジョンだから、違う焼肉店にも行きたいな~。