正祖が作った貯水池の景色を楽しむ小さな建物「迎華亭」

水原市は今、桜が満開です。

萬石公園に桜を見に行ったので、萬石公園内にある華城(ファソン/화성)の付属建物「迎華亭(ヨンファジョン/영화정)」に寄って来ました。

영화정/ヨンファジョン(迎華亭)
所在地 : 京畿道 水原市 長安区 松竹洞 361-1萬石公園内
      경기도 수원시 장안구 송죽동 361-1 만석공원
      キョンギ道 スウォン市 チャンアン区 ソンジュクドン
アクセス : 華西駅(화서역)からタクシー、水原KTウィズパーク(水原総合運動場野球場)西側出口から徒歩
周辺観光施設 : 萬石公園・ktウィズパーク

写真

イメージ 3

8間の、狭い建物。

 

 

 

迎華亭(영화정)は、1795年萬石渠((만석거)は、農業生産量増大のために長安門の北野原を開墾した大有坪(대유평)近くに作られた貯水池))と大有坪の景色を楽しむ為に建てられた亭子
貯水池周辺に美しい木々を計画的に植え、貯水池の中には小さな島を作り花木を植え、1796年 10月 16日華城落成宴時には水原秋八景の一つと称された。
以後、詩人墨画家が船遊と遊楽する華城の代表的な名勝地になったんだって。

写真

入場はもちろん無料です。

写真

写真

写真

写真

本来、迎華亭はもうちょっと南西側にあったので、昔の人と見る景色がちょっと違うけど、こんな景色を楽しんでいたのかしら?