偶然のぼった先は有名なロケ地でした。 ~168階段~

旧百済病院近くに宿泊した私たち。


ちょっと時間が空いたので

Left Caption

もんもん

ねーねー、近くを探索しない?

って言うと

Right Caption

もんもん旦那

どこに?興味無い。

って寂しいお返事(TT)
一人寂しく探索にお出かけしました。

168계단 모노레일/168ケダン モノレイル(168階段モノレール)
所在地 : 釜山市 東区 草梁洞 994-155
      부산시 동구 초량동 994-155
      プサン市 トン区 チョリャンドン
アクセス : 釜山駅(부산역)から徒歩orタクシー
周辺観光施設 : 草梁市場・草梁テジカルビ通り・168階段・上海通り・
    旧百済病院文化共感水晶釜山シティツアーのバス夜景コース出発停留所
オフィシャルHP : http://www.2bagu.co.kr/board/view.bsdonggu?boardId=ATTRACTION&dataSid=2805&menuCd=DOM_000000104006000000&contentsSid=41
営業時間  : 7:00~20:00 ※6~9月のみ21:00まで中間・上部だけ運営。
定休日   : 年中無休
TEL    : ?
入場料   : 無料

      
 ホテルの裏側は、山に向かって家が建ってる住宅地。
韓国のマチュピチュと言われる釜山を見たくて、山のほうへ向かって歩いていくと、見つけたのがロケ地で有名な168階段でした。写真

168階段は草梁洞の上部の町内と下部の町内をつなぐ唯一の道。
傾斜 45度&長さ 40メートルの階段を歩くと、とても疲れ、住民や観光客にとって負担が多かったが、他の道がないため黙黙と上がるしかなかった。
ただ、2016年 6月にモノレールが運行し始めると、高齢の村住民に非常に便利な交通手段となった。
モノレールで上に行くと、開けた釜山港が望める。
by http://www.2bagu.co.kr

ここは、観光施設ではなく、本来住民の為のモノレールだったんですね。
だから、チケット売り場がありません。
入り口から入り、ちょっとレトロな階段を上ると、モノレールのホームがありました。
写真

写真ホームに着いたはいいが、ここからどーしよー(><)
そうこうしてる間に下で座ってたおじさんがホームにやってきました・・・
そしてすぐ、モノレール車両がやってきました!
おじさんは下で時間をつぶしてたようです。

写真

乗ってた人が下車して、さぁ、乗り込みましょ~。

写真

写真

乗り込み座ると、私が観光客丸出しだったのか、おじさんがドアの近くにあるボタンで、さっさと3Fを押して、ドアを閉めるボタンを押してくれました。

エレベーターみたいなボタンなので、韓国語がわからなくても操作できそうですね。

そしておじさんが「3Fで良いの?」と聞いてくれました。
おじさん、優しい~♡

さぁ、出発です!

 

写真

私が行ったのは、冬だったので、お店は閉店しているところが多かったです。
夏季はお店が沢山出てにぎやかそう。

写真

どんどんのぼっていきます。
下を見ると、おびただしい階段
運動してないもんもんは絶対無理だと確信しました(TT)

写真

数分経つと、一番上に到着しました。
私たちが下りると、待ってた人が乗り込んで・・・

写真

写真

さっさといっちゃった。
時刻表は無いようです。住民が必要な時に動くスタイル、ステキ☆

着いたところの隣には、展望台がありました。

写真

写真

そこからの景色は、釜山港が見えたり☆

写真

韓国のマチュピチュが見れたり~♪
これこれ、これが見たかったの!!!

 

 

 

実はこの草梁エリアなんですが、タルトンネという貧困層が住むエリア。
若い子は面白がってきますが、老人世代は本来 寄り付きたがらないエリアなんですよね。
うちの家族もタルトンネはあまり好きではなく、「見てどうするの?面白くない」という言葉が返ってきちゃう程 こんなに風情があるのに・・・。

じゃ、一通り見たので帰りましょう。
「帰りくらいは階段で」と下を見ると写真

な、長い
おばさんにはキツそう。
やっぱりモノレールで帰りましょう。

写真

帰りは、急な斜面にいる重機が落ちないか不思議に思いながら、そして、釜山港をもう一度堪能しながら帰路につきました☆

写真

住民と一緒にモノレールに乗れて、展望台で景色も見させてもらって、これで無料ってスゴイです

釜山駅から歩けますが、可能な限り歩きたくない方は、車が入り口まで行ける場所なのでタクシーで近づくのもアリですよ。